蓄電池の用途

一般家庭用と産業用の違いは?

蓄電池には設置場所・容量出力により、一般家庭用と産業用に大別することができます。

その中でも使用用途によっておすすめの蓄電池が異なりますので、様々な蓄電池の特徴を見比べて、使用用途に一番適した蓄電池をお探し下さい。

一般家庭用

家庭の停電対策・電気代節約に!小~中容量の蓄電池

一般家庭において、万が一の停電時の対策や、安い夜間電力を貯めて昼間に使用することによる電気代の節約等を目的とした蓄電池です。家庭内の照明やテレビ、電話、パソコン等に使うことを想定しています。

産業用

医療機関、オフィス、工場等での活用!据置型の大容量蓄電池

オフィス・店舗等でのサーバ用UPSの大容量バックアップ、社内LAN・PC・レジ等の電源確保、診療所・介護施設等での医療機器・冷暖房等の電力確保、などを主目的とした大容量蓄電池です。