購入とレンタル・リースの違い

蓄電池には購入以外に、「リース」や「レンタル」といった導入方法もあります。 どのような用途で蓄電池を使用するか、目的によって導入方法も変わってきますので、違いを理解したうえで導入を検討しましょう。

購入とリース・レンタル比較表

蓄電池の「購入」「リース」「レンタル」にはそれぞれ異なる特徴があります。それぞれの特徴を表にまとめましたので、それぞれの特徴を見比べてみてください。
購入 リース・レンタル
目的 家庭用電力及び、事業用設備の継続的な運用 家庭用電力及び、事業用設備の継続的な運用等
仮設設備の非常用電源、本設置前の試験運用等
契約期間 なし 中長期(2~10年程度)
短期(数日〜1、2年程度)
所有権 購入者 リース・レンタル会社
保守管理 購入者 リース・レンタル会社
(ただし、契約内容による)
中途解約 - 契約内容による
廃棄手続き 購入者自身での廃棄手続き リース・レンタル会社にて廃棄

購入とリース・レンタルのメリット・デメリット

購入のメリットとデメリット

メリット
所有権が購入者にあるため、購入者自身の判断で買い換え・廃棄のご判断をしていただけます。
デメリット
購入者自身で保守管理や廃棄の手続きをする必要があるため、手続きにかかる手間と費用がリースやレンタルに比べてより多く発生する可能性があります。

リース・レンタルのメリット・デメリット

メリット
購入に比べてお手軽な費用で蓄電池を利用することができます。
契約内容によりますが、保守管理はリース・レンタル会社が行う場合が多く、利用者の手間が軽減できます。
デメリット
契約内容によっては、中途解約が認められない場合があります。

お見積もりはこちらから