制度・費用について|【グリーンエネルギーナビ】産業用太陽光発電価格・費用の見積もり比較

0800-111-5585

月~金 10時~20時まで お気軽にご相談ください

太陽光発電HOME > 産業用太陽光発電HOME > 制度・費用について

制度・費用について 産業用太陽光発電の制度や費用にまつわる内容をご紹介。システム価格はいくら?低圧・高圧連系の違いは?全量買取制度・グリーン投資減税の中身は?融資はどうすればいい?事業運営の要となる、制度・費用について理解しておきましょう。

初期費用・投資利回りについて

産業用太陽光発電を導入した際の、初期費用・投資利回りについての概要を説明しています。初期費用がどのように決まるか、投資利回りの良さを実現している制度とは何かを知ることができます。

続きを読む>>

産業用太陽光発電の最新システム費用(2017年)

50kw未満・以上など、kw区分ごとに太陽光発電システムの価格相場をご紹介。50kw以上(高圧連係)では設備・委託・手続きに多くの費用がかかるので、設置規模はよく検討しましょう。

1.kw区分ごとの太陽光発電システム価格
2.50kw以上(高圧連係)では多くの費用がかかる
3.高圧連系の抜け道だった低圧分割が、平成26年4月から禁止に

続きを読む>>

50kw未満・以上(低圧・高圧連係)の電気事業法上の違い

50kw未満(低圧連係)・50kw以上(高圧連係)の電気事業法での違いについて解説。設備・委託・手続きにかかる時間や費用も違うので、設置規模を決める前に理解しておきましょう。

1.50kw未満・以上(低圧・高圧連系)の電気事業法での違い
2.50kw以上(高圧連系)の設備に生じる義務
3.50kw未満・以上(低圧・高圧連系)のメリット・デメリット

続きを読む>>

全量買取制度について〜産業用向けの固定価格買取制度〜

全量買取制度の今年度の売電価格はいくらか、また制度の背景にある意図や仕組みを解説しています。加えて、売電価格の推移予測も説明。早めの設置で全量買取制度のメリットを活かしましょう。

1.全量買取制度の売電価格と、価格が決まる仕組み
2.固定価格買取制度の背景について
3.全量買取制度の売電価格の推移

続きを読む>>

固定価格買取制度の改正で起こる「2015年問題」

2015年から売電価格が大幅な低下が予想されます。再生可能エネルギー普及に成功した産業用太陽光発電ですが、制度改正で潮目が変わりそうです。2014年度中の開始をおすすめします。

1.再生可能エネルギー普及に成功した産業用太陽光発電
2.固定価格買取制度の改正によって起こる「2015年問題」とは?
3.産業用太陽光発電は「2015年」までにスタートさせよう

続きを読む>>

新電力会社(PPS)への売電で、固定価格+1円を実現

新電力会社(PPS)のご紹介と、固定価格より高く買取りをする背景を説明。工事の必要性やリスクなしで売電できます。電力自由化を境に、買い手も売り手も電力会社を選べる時代に入ります。

1.新電力会社(PPS)との契約で、固定価格+1円で売電できる
2.特定規模電気事業者とも呼ばれる、新電力会社(PPS)とは?
3.新電力会社(PPS)に売電するメリット

続きを読む>>

産業用太陽光発電の融資のポイントと3つの融資先

公的融資・銀行・ソーラーローンなどの融資先や、融資を受けるさいのポイントを解説。金利や融資難易度、手続き期間、保証人・担保の有無など、金融機関により異なる条件を理解しましょう。

1.産業用太陽光発電の3つの融資先とその特徴
2.産業用太陽光発電で融資を受ける際のチェックポイント
3.金融機関からの融資に存在する、様々な制約条件に注意

続きを読む>>

太陽光発電事業で資金調達を行う方法

資金調達にあたり必要なものや、金融機関の融資で重視されること、融資以外の調達方法をチェックできます。担保・自己資金も重要ですが、最近では特に事業計画書の内容が重視されます。

1.産業用太陽光発電の資金調達のために必要なもの
2.金融機関の融資で重視されること
3.産業用太陽光発電での資金調達の、さまざまな形態

続きを読む>>

個人事業主・会社員の収入区分と、グリーン投資減税の利用可否

個人が産業用太陽光発電を始めてグリーン投資減税を受けるには、売電収入の区分を事業所得にする必要があります。事業所得扱いにするポイントと、個人事業主になる手続きについてもご紹介。

1.グリーン投資減税を受けられる収入区分は、副収入でなく事業所得
2.事業所得扱いにするポイントと、個人事業主になるための手続き
3.会社員の産業用太陽光発電は、雑所得扱いで副業には当たらない

続きを読む>>

太陽光発電の増設で、買取制度はどう適用されるか

太陽光発電の増設について、固定価格買取制度の適用のされ方を中心に解説。いつ増設すべきか、補助金やグリーン投資減税の適用についてなど、太陽光発電の増設に役立つ情報をまとめました。

1.太陽光発電の増設はいつすべきか。固定価格買取制度の期間から考える
2.太陽光発電を増設した場合の、固定価格買取制度や補助金は?
3.気をつけるべきグリーン投資減税や中古パネル、メーカー・業者選び

続きを読む>>

産業用太陽光発電で融資機関が重視する、製品・出力保証の内容

金融機関が産業用太陽光発電の事業性を評価する場合、設備の耐用年数や故障リスクを精査します。必要額の融資を早期に受けるためには、製品・出力保証などリスクに備える対策を整えましょう。

1.融資機関が最も気にしていることは?
2.「万が一」をとにかく排除しよう!融資をスムーズに受けるコツ
3.銀行にも説明できるように、保証の内容をしっかりと理解しよう!

続きを読む>>

ページの先頭へ

たった1分で
見積もり
完了!