[フリーダイアル]0800-111-5585 月~金 10時~20時までお気軽にご相談ください

オール電化とは

オール電化とは、家庭で必要なすべてのエネルギーをすべて電気でまかなうことです。空気の熱でお湯を作るエコキュートや、電磁調理器のIHクッキングヒーターなどと組あわせるだけで、家計で大きな割合を占める家庭の光熱費全体を大幅に抑えることができます。

さらに、地震や台風などの災害や急な停電の場合でも、太陽光発電システムの電気を供給ができます。専用のコンセントに使用したい電気製品を差し込めば、災害時でも発電している分の電気を使うことができるメリットがあります。

導入のメリット

  • 1.火を使わないため、引火や立ち消えの心配もなく、裸火による危険性を大幅に減らせます

    調理器具であるIHクッキングヒーターは電磁線の働きで加熱しますので、「火」をまったく使いません。
    そのため、コンロからの出火というリスクが最小限に抑えられることにより高い安全性が担保されます。

  • 2.オール電化にすれば、ガスの基本料金は不要のため、お得です

    オール電化の場合、これまで別々だった電気とガスのエネルギー源を電気に一本化することで、第一に基本料金の割引効果があります。
    また、電力プランを夜間電力に変更して、夜間の割安な電力を使ってお湯や暖房の熱源をとることによりかなりの経済的なメリットを受けることができます。電力会社の試算によると標準的な家庭で月間1万円前後の光熱費削減効果が期待できるとされています。

    料金単価表
  • 3.地球環境に対して優しいです

    給湯、暖房、調理のときでも、燃焼にともなう水蒸気やCO2を発生させないため、部屋の空気はクリーンで快適に過ごせるようになるでしょう。また、家庭からのCO2の排出量が少なくなるため、地球環境への負荷も少なくなります。

導入のデメリット

  • 1.停電時にはほとんど使えないです

    ガスを使っていれば、停電でも料理をしたり暖まったりすることができますが、オール電化の場合はそうもいかなくなります。しかし、断水の場合でもタンクのお湯が使えるほか、東日本大震災時には電気の復旧がライフラインのなかで一番早かったというデータがあります。

  • 2.昼間の電気代が少し割高になります

    オール電化を採用するときは、お得な深夜電力プラン(電力会社により異なる)を適用して、料金の割安な深夜にお湯を沸かしたりします。しかしその分、日中の電気料金は割高になっていますので、昼間に家にいることが多い人は、使い過ぎによる電気代のアップが懸念されるでしょう。しかし、朝や夕方も通常よりお得な料金設定になっています。