HOME > 各メーカー紹介・比較 >「東芝」製品特徴

「東芝」製品特徴

海外のソーラーパネルを採用する総合家電メーカー!

高いセル変換効率を実現した米サンパワー社(カリフォルニア州)製のソーラーパネルを採用し、2010年に新たに太陽光発電市場に参入しました。

東芝が推進している次世代電力網であるスマートグリッド事業にも大きく関わっており、将来に向けて東芝の総合力を活かした、電気の見える化、二次電池(充電式電池)やスマートメーターを含めた新しい太陽光発電システムの販売も検討されています。

≪特徴1≫ 世界最高水準の変換効率を実現!

公称最大出力が240W、最大モジュール変換効率は19.3%と、以前まで世界最高水準の変換効率で有名であったサンヨーのHITパネルを超える高い性能を持っています。変換効率が高いため、設置する枚数が少なくても十分な発電量を得ることができます。屋根の面積が少なかったり、形状が特殊な屋根でも設置できる可能性が広がりました。

≪特徴2≫ 高いデザイン性!

表面にある電極をすべて裏面に配置する「バックコンタクト方式」を採用することで、パネルを構成するセルの面積を増加、さらにモジュールの表面に太陽光の反射を抑える特殊な膜を設けるなど、独自技術を進化させることによって表面にセルとセルを接続する銀色のハンダ付けや電極がなく、見た目も美しいスッキリしたパネルに仕上がっています。

≪特徴3≫ 安心の10年保証!

ソーラーパネル、パワーコンディショナ、接続箱、ソーラーパネル用架台*1には安心の10年間保証が用意されています*2。高効率の太陽光発電システムを長く安心して使うことができます。

  • *1東芝製品に限ります。詳しくは販売店にお問い合わせください 
  • *2別途申し込みが必要になります

お見積もり依頼後、カスタマーサポートが対応します!

  

たった1分で
見積もり
完了!

完全無料!見積もりスタート!

Copyright© green-energynavi All Rights Reserved.