HOME > 太陽光発電を始める方へ > カーポートにも太陽光発電を設置できる!

カーポートにも太陽光発電を設置できる!

1.「ソーラーカーポート」とそのメリットとは

太陽光発電システムを設置できるのは、建物の屋根だけではありません。
例えば、カーポートもそのひとつです。特に太陽の熱から車を守るために作られているので、発電効率は抜群!
カーポートに設置する太陽光発電システムは、「売電収益を得ながら且つ車を太陽から守る」というまさに一石二鳥なのです。

新しい太陽光パネルの設置場所として人気の高いカーポートですが、下記のような方にオススメとなっています。

  • 屋根の面積や形状により、設置が困難である方
  • 建物の外観を重視したい方
  • 屋根に設置は済んでいて、さらに増設されたい方

今まで駐車するだけだった場所が、太陽光発電システムを適切に設置をするだけで「売電収益」が得られるようになるのです。
また住宅用の太陽光発電システムと合わせて、全量買取制度の対象となる発電容量「10kW以上」とすることも可能となっています(固定価格買取制度について)。加えて、屋根と比べてカーポートのほうが低い位置にあるため、工事やメンテナンスが容易であることも利点といえます(太陽光発電のメンテナンス・寿命)。

上記以外にも、電気自動車専用の充電アダプタを設置することで、発電した電力から直接電気自動車に充電することも可能となっています。このように、これまで遊休地として余っていた土地や駐車場、庇(ひさし)等のスペースを有効活用することで、太陽光発電システムは省エネだけでなくビジネスとしても成立しているのです。

2.太陽光発電のカーポート設置でチェックすること

カーポートに太陽光発電システムを設置する為には、通常の屋根上設置と同様、いくつか確認しておく必要があります。

  • 1.設置するスペース、面積は充分にあるか
  • 2.カーポートの強度、耐久性はどうか
  • 3.太陽の日射率はどうか

まず1の「設置するスペース、面積は充分にあるか」についてです。
当然ながら、ある程度のスペースの余裕がなければ、カーポート自体の設置ができません。またカーポートが小さくなってしまうと太陽光パネルの設置枚数も少なくなりますので、発電量も少なく売電収益も多くは見込めません。

カーポートのサイズについてですが、既製品を選んだ場合は、2台用のカーポートでは横幅5.5m・縦幅5.2m、3台用では横幅8.5m・縦幅5.2mのスペースが必要になります。なお、2台用のカーポートを選ばれるケースが多く、これには3kw設置で200万円といった導入価格になることが多いようです。

次に2の「カーポートの強度、耐久性はどうか」についてです。
太陽光パネルの重量は1枚あたり15〜20kgであり、省スペース型のパネルであっても容量が「4kW」の場合、設置枚数は16枚であり総重量は「240kg」となります。また、カーポートの上に設置するのはパネル以外にも架台が必要となりますので、強度や耐久性については専門家にきちんと相談するようにしましょう。

そして、最後に重要なのが3の「太陽の日射率はどうか」です。
せっかく耐久性のあるカーポートを設置できたとしても、そこに太陽が入ってこないのであれば効果が薄れてしまいます。
どうしてもカーポートは建物より低い位置になってしまうので、周りの建物だけでなく、自分の建物の陰になる時間が発生しがちです。このほかにも公共の電柱や標識、看板等も要注意です。

方角や建物の位置関係から、カーポートに対する太陽の動きを事前に確認しておきましょう。
特に10時から15時の間に、陰になる時間が少なければある程度の発電量が見込めます。

3.屋根以外にもある、太陽光発電の設置場所

カーポートのように、太陽光発電システムは太陽が当たる場所であれば屋根でなくても設置可能なのです。
例えば全国的に有名なスーパーマーケットにおいては、屋上は駐車場として利用している為、壁面に太陽光パネルを設置することで既存建物を最大限に活用しています。またそれ以外にも、庭や空き地、駐車場スペースにも専用架台を設置することで、余分なスペースを収益に変えることが可能となっています。

しかし、太陽光パネルの設置に関しては、架台やその土台となるものが「メーカーの指定品」でなければならないことがあり、さらには各メーカーが規定する「設置基準」に細心の注意をしなければなりません。もしこの基準外の設置条件であれば、製品の災害補償だけでなく10数年間の「出力保証」も受けられなくなる場合があります。

特に地盤や架台の土台となる部分が、「厚さ○○センチ以上のコンクリート」「海から○○メートル以上の距離」「風速○○m/秒」など、メーカーによって種々様々に設置基準の内容が異なります。長期間の出力保証及び災害補償に関わることですので、少しでも不安に感じる設置条件であれば、営業重視の設置代理店だけでなく、きちんとメーカーの担当部署に直接確認を取ることをお勧めします(太陽光パネルの製品・出力保証と災害補償)。

以上のことを踏まえて、太陽光発電システムをしっかりと設置し、空いたスペースや場所を有効活用することによって長期的で安定した売電収益を獲得しましょう。

たった1分で
見積もり
完了!

完全無料!見積もりスタート!

Copyright© green-energynavi All Rights Reserved.