HOME > 太陽光発電を始める方へ > 太陽光発電とオール電化の相乗効果で光熱費ゼロ

太陽光発電とオール電化の相乗効果で光熱費ゼロ

1.オール電化でガス代ゼロの光熱費に

太陽光発電を設置しているお家やお店の多くは、オール電化にしています。
オール電化というのは、文字通り「光熱の全てが電気」を利用しているということであり、つまりガスや灯油を使わないで生活や事業用として営むということです。電気を生み出す太陽光発電システムと、光熱費を電気代に集約するオール電化は、とても密接な関係なのです。

従来は、料理をする際のガスコンロやお風呂に入る為の給湯器もほとんどがガスを利用していました。またお部屋を暖めるためのストーブでは灯油を利用する事もあります。それを電気を利用する製品に替える事で「オール電化」となり、毎月の光熱費の請求がガス代を無くした「電気代と水道代だけ」にすることができます。

ガスや灯油がなくなり、電気代を比較的安く抑えるオール電化ですが、導入の際にはいくつかデメリットが生じます。まず1つ目は導入コストです。新築の建物はこれから設備を揃えるため導入し易いのです。しかし、現在住んでいる既築の場合は新しい設備を購入して設置する以外に、撤去料金や配線等の費用や手間も生じて導入が困難な場合があります。そのため、複数の専門業者に相談してみることをお勧めします。

2.オール電化の最大のメリット「時間帯別電灯」とは

光熱費用を電気代にまとめることにより、ガス代の基本料金等が掛からないので、比較的安く抑える事ができます。さらに太陽光発電システム+オール電化にすることによって、下記のようなメリットが生まれます。

  • 電気代だけにまとめた光熱費は、太陽光発電システムの発電分で削減出来る
  • 夜23時以降の深夜の電気使用料金が日中の約3分の1になる(東京電力の場合)
  • 売電契約終了後も、自宅の電気として全て使用できる(産業用では不可)

上記の中でも、オール電化の最も重要なことは、電力会社と「時間帯別電灯」契約が結べることです。つまり、電気を使う時間帯によって電気代の単価が変わる契約のことであり、電気を利用する時間帯の電気料金をきちんと理解することで、太陽光発電の売電も確保しながら毎月の電気代を大幅に下げることが可能となります。

時間帯別電気料金(時間帯別契約)

3.太陽光発電+エコキュート+IHクッキングヒーターで、安心で快適なエコライフを実現

例えば、お風呂に入る為の「給湯器」について考えてみましょう。もしオール電化にする場合は、主に「電気給湯器」か「エコキュート」にしなければなりません。比較的、前者の方が後者より安く導入しやすいですが、重要なのは下記です。

  • 電気給湯器の場合は、利用時に初めて電気を使用して湯を沸かす
    (昼の場合は、深夜と比べて3倍の電気料金単価が発生)
  • エコキュートの場合は、「深夜のうちに電気で沸かして保温しておいた湯を利用する
    (湯を沸かす電気は深夜料金を利用の為、いつでも日中の電気料金に比べて3分の1で済む)

つまり、昼間など深夜以外の時間帯の「電気給湯器」でのお風呂は、電気料金が深夜に比べて高くなります。一方で「エコキュート」は、いつ何時にお風呂に入っても深夜料金の電気代で済みますので、バスタブに毎日浸かる方は年間でかなり大きな光熱費の差が出るのです。もちろん電気給湯器であっても、日中の利用は太陽光発電がすべて賄うので気にしないでお風呂に入る事が可能です。

さらには、IHクッキングヒーターに替えることで、ガスコンロを使用しないため「火を使わない」生活が実現し、キッチンからの火災が発生する恐れがありません。そして電気を多く使用する洗濯機や洗浄機も、近隣のトラブルにならない範囲で夜間に利用する事で、比較的安く抑える事が出来ます。生活のすべてを日中は太陽光発電の発電を利用して「買電を抑え」、夜は深夜電力を活用して太陽光発電の「売電で賄う」ことで、光熱費をほぼゼロにすることも夢ではありません。

たった1分で
見積もり
完了!

完全無料!見積もりスタート!

Copyright© green-energynavi All Rights Reserved.