HOME > 太陽光発電を始める方へ > 太陽光発電のメンテナンス・寿命

太陽光発電のメンテナンス・寿命

1.なぜメンテナンスが必要か?

太陽光発電システムは、期待寿命が20年以上もあり、メンテナンスにほとんどコストが掛からないと言われています。

実際に、販売施工会社や営業の方は、このように太陽光発電がメンテナンスフリーであるという内容で販売促進を行っています。確かに頻繁に壊れる製品でもないため、その宣伝内容は決して間違ってはいませんが、装置や精密機器である以上、必ずしも「故障しない」「性能が低下しない」という事ではありません。

例えば、雷や台風などの自然現象等による偶発的な故障や取り替えや工事不十分や接続不良などによる人為的、そして経年劣化や寿命による故障は全体の16.9%(NEDOの太陽光発電システム評価技術研究会)に上るという調査結果が出ています。

太陽光パネルの20年以上の長期的な出力保証が、特に注目されています。しかし、寿命は長いとはいえ、毎年経年劣化による性能低下が進んできます。つまり、年月を重ねるごとに、売電収入は減っていくことを、常に念頭に置きましょう。

そして、最も多い故障は、実はパワーコンディショナーの不良によるものです。 この装置は、屋外用・屋内用・兼用と3種類ありますが、それぞれに耐久内容が異なります。その中でも、屋内用のパワーコンディショナ―は、湿気や温度に非常に弱いですので、設置場所の換気や温度調節には、特に注意が必要です。

2.太陽光発電システムの保守・点検方法

太陽光発電システムの定期点検は、主に販売施工会社が行います。長期保証するメーカー自身によって、点検は、4年に1度以上実施することを推奨しています。そして、点検者は販売施工会社で保有しているJPEA認定PV施工技術者もしくはメーカー認定技術者等が行います。

販売施工会社は、資格保有者もしくは認定技術者を保有していなければ、ほとんどの太陽光発電のメーカーとは、「販売代理契約を行えない」事になっています。太陽光発電の導入検討時には、

  • 設置後の定期点検スケジュール
  • 担当する資格保有者もしくは認定技術者の存在

を、書面などで明確にしておきましょう。

定期点検の内容としては、「製品点検・運転点検・数値測定」の3つに大きく分かれます。

  • 「製品点検」では太陽電池モジュール・接続箱・パワーコンディショナー・昇圧ユニットが点検されます。
  • 「運転点検」では、パワーコンディショナー・昇圧ユニットの動作確認をしてくれます。
  • 「数値測定」では、太陽電池・電力系統の電圧測定、太陽電池・機器間の絶縁抵抗測定を行います。

また、3つの点検区分の中でも作業項目は細かく分かれていますが、基本サービスのものもオプションサービスのものもあり、何をサービスに加えるかによって点検費用も変わってきます。なお、上記の点検内容に加えて、モジュールの高圧洗浄で雨では落ちない汚れを落としてくれる場合もあります。

また、定期点検以外にも、太陽光発電システムは普段から、日常点検を行うことが最も重要です。

チェックする対象

  • パワーコンディショナ―本体
  • 太陽光パネルや架台
  • 外線内線ケーブル、接続箱など

チェックする項目

  • 汚れや傷はないか
  • 破損や欠損はないか
  • 腐食、配線外れはないか
  • 異音や振動、異臭はないか
  • 明細書やモニターによる発電状況のチェックなど

また、3つの点検区分の中でも作業項目は細かく分かれていますが、基本サービスのものもオプションサービスのものもあり、何をサービスに加えるかによって点検費用も変わってきます。なお、上記の点検内容に加えて、モジュールの高圧洗浄で雨では落ちない汚れを落としてくれる場合もあります。

また、発電量監視システムを設置して、定期点検や日常点検までの期間に不具合が放置されることを防ぐこともできます。近年はこの監視システムが設置されるケースも多いのですが、発電量の異常が検知されたときに販売施工会社と太陽光発電の設置者の双方にアラートが届くので、故障にすぐさま気づくことができます。

\すでに太陽光発電を設置済みの方はこちら!/

【完全無料】メンテナンス業者を紹介してもらう

メンテナンス費用も安心の業者を探したい/

【完全無料】太陽光発電の見積もり提案をもらう

3.メンテナンス費用は?

では、太陽光発電のメンテナンスはどれくらい掛かるのでしょうか。

販売施工会社等による、定期点検の費用(メーカー推奨)は無料サービスを打ち出しているところも多いですが、有料の場合は1回にかかる費用は1〜2万円となっています。これは4年に1回実施されされるのが理想です。

また、パワーコンディショナーとメーターの修理については、10年に1回以上を想定して、前者で10万円+後者で1万円となっています。なお、1回目の故障については、メーカーの保証期間内による無償修理と仮定しています。つまり、20年間掛かる修理費用は、およそ11万円となっています。

また、追加でかかりうる保証費用としては、

  • 有償の延長保証: 2万円
  • 自然災害保証がメーカーによっては有償

となっています。
自然災害保証については、ほとんどのケースが無償保証で対応できますが、一度の現象に対して上限金額が設定されている場合があります。例えば、あるメーカーでは「200万円まで」と規定があり、これを超える場合は有償となっています。

4.メンテナンスで安心で効率のよい発電を

自然エネルギーを健全に普及することを目的とした「NPO法人太陽光発電所ネットワーク」は、2010年に実態調査を行いました。調査内容は、「システムの部材交換・一部の修理を実施した事例」に絞ったものです。その結果は、故障率(実交換率)は全体の30%という、メーカーや世論の想定を上回るものでした。

こうした、製品の故障にいち早く気付くため、経年劣化の性能低下を抑えるためにも、定期的な点検と日常点検は必要です。1年に1回チェックしてくれる販売施工会社もありますが、発電量監視システムを設置してもらい異常が起きた場合に対応する、という販売施工会社の指向が強まっていることもあります。

また、最新モデルも次々に発売されていますので、その時々に応じた商品選びをしていきましょう。

監視システムで緊急時に素早く対応してもらえるのは心強いですが、やはり太陽光発電は売電収入を大きく支える重要な装置です。販売施工会社任せではなく、設置者からも定期点検を依頼したり自主点検を行うことで、点検やメンテナンスを確実に実施しましょう。

\すでに太陽光発電を設置済みの方はこちら!/

【完全無料】メンテナンス業者を紹介してもらう

メンテナンス費用も安心の業者を探したい/

【完全無料】太陽光発電の見積もり提案をもらう

たった1分で
見積もり
完了!

完全無料!見積もりスタート!

Copyright© green-energynavi All Rights Reserved.