HOME > 太陽光発電を始める方へ > 業者の品質を見抜くコツ

業者の品質を見抜くコツ

設置方法と寿命

太陽光発電のシステムは、いわゆる家電製品ではありません。屋根の上に設置するという特性上、必ず施工を伴うシステムとなります。また、その製品寿命は太陽電池モジュールが約20年、パワーコンディショナーなどの機器が約10年といわれています。定期的にメンテナンスを行うことによって、その寿命は更に延びる可能性があります。

大切な家の屋根に約20年は設置されたままとなる太陽光発電のシステム。≪価格≫という観点も大切ですが、20年にわたり、お付き合いのできる販売・施工会社を選ぶということも重要になってきます。

後悔しない会社の選び方

  1. 設置者宅の現地調査をきちんと行った後に、正式見積提案をしてくれる

    日本の家屋の屋根の種類というのは多種多様なものがあります。太陽光発電のシステムは、その多種多様な屋根に設置されますので、全てのシステムがオーダーメイドと言っても過言ではありません。
    また、設置家屋のみではなく、家屋周辺に影を作ってしまう障害物の有無など、現地に行かなければ、本当に正しいご提案は難しくなります。

  2. 設計図面をきちんと作成してくれる

    現地調査で判明した設置家屋の状況や周辺状況、また設置者の希望などをもとにどの屋根にどのくらいのパネルをどのように設置するかという設計図面と見積書を提出してくれるのかも重要なポイントとなります。

  3. 見積書の内容をきちんと説明できる

    「太陽光発電のシステム一式」というような大雑把な見積ではなく、設置のための架台や施工に伴って使用される様々な建材などに関して、きちんと説明が出来るかどうかが重要です。

  4. あなたの疑問・要望にきちんと応えてくれる

    あなたが少しでも疑問に感じたことや、希望することなどに対して、きちんと応えてくれるかどうかというのはとても重要です。
    太陽光発電のシステムは残念ながら、全ての家屋に設置できるものではございません。家屋の状況や気象条件、周辺環境などによっては設置することをお勧めできない場合もございます。
    一方的に話を進めてしまう会社なのか、あなたの話をきちんと聞いてくれる会社なのか。今後長い年月お付き合いしていく会社を選んでください。

  5. 導入実績・経験が十分にある

    これまでに太陽光発電のシステムの設置経験があるどうかは重要です。
    全てのシステムがオーダーメイドとも言える太陽光発電のシステムですので、やはり導入経験のある施工会社の方がよいでしょう。
    各メーカーは、メーカーの推奨する施工研修を行っています。
    最低限、メーカーの施工研修を受講している会社さんが良いでしょう。

  6. 系統図をきちんと渡してくれる

    太陽光発電のシステムはそれぞれ独立した機器が配線によってつながれています。
    どの機器とどの機器がどのようにつながっているのかを示したものが系統図になります。その系統図があれば、故障箇所の特定や万が一設置した会社以外の会社に何かをお願いする際に、非常に役に立ちます。

  7. 設置後のアフターメンテナンスに関して説明をしてくれる

    太陽光発電のシステムは、設置後、ほとんどメンテナンスを必要としないシステムではありますが、全く必要ないかというと、決してそうではありません。
    日々や月々での発電量のチェックなどをすることで、早期に故障を認知することができます。少しでも、システムの調子がおかしいと感じた際の対応などを事前に説明してくれる会社を選びましょう。

たった1分で
見積もり
完了!

完全無料!見積もりスタート!

Copyright© green-energynavi All Rights Reserved.